一汁三菜

自分が崇拝する料理の先生は一汁三菜というのは、もともと神様へのお供えでハレの日の料理だったのが、いつしか和食の基本と誤解されるようになったそうです家庭で作る料理は、具沢山の味噌汁と白ご飯の 「一汁一菜」 で十分そんなことを申されておりましたそういう話を聞いてからあえて、一汁三菜を作ってみたのですがご飯に汁もの、主菜1品、副菜2品の「一汁三菜」。土井先生の教えを心がけてみようと作ってみたが、、、、別に...