ベアリングプーラー

今回、お父さんがコマジェのベアリングを抜くために用意した


ベアリングプーラー 2種類

P1170775.jpg

ベアリングをプル_pull(引き抜く)するための道具なのでプーラー

内掛け式とも言うらしい

左の3本爪は、切って削っても役に立たなかったので
右のを追加購入







左と右ので、合わせて6000円少々



最終的に
これを、二個一にして使用

P1170777.jpg




こんな感じですね

P1170778.jpg

シャフトを締めるナットのとこにカラーがあると良いみたい




自分でベアリングを抜こうと考えたなら



絶対にこれがお勧めです

bp2.jpg

これを買っておけば間違いありません
1万円ほどしますが、、、、、たぶん七代先まで使えるでしょう











最初に買ったヤツ(切って削った加工後)

3本爪の最初のヤツの咬み具合

P1170735.jpg


追加で買ったヤツの咬み具合
ここまでガッチリ咬まないとベアリングって抜けません

P1170776.jpg



これで、

P1170779.jpg



なんとか、目的のベアリングは抜くことが出来た

P1170780.jpg



プーラーのサイズが合えば気持ちよく抜けた

P1170781.jpg




ただ、必要な径が足りなかった

bppuru3.jpg

ノギスで測ったつもりでいたんだわさ(笑)

だわさだわさ♪ もうええ??


微妙な径の違いで、無理して使った結果

破損!!

P1170822.jpg

安物だけあって、けっこう簡単に割れた(笑)






ケース側は、ベアリングと一緒にシャフトが抜けたので

P1170784.jpg


ベアリングプーラーの出番はなかった


ケースのパッキンも替え

P1170786.jpg




組もうと思ったら、かなづちでシャフトを挿入したせいで

P1170787.jpg



差し込む軸にひずみが出たらしく、素直に入らなかったので


自らをPOPと呼ぼうかと思う暴挙に出た!!

P11707881.jpg

インパクトを使って定盤を作って、軸のひずみを削って修正した!!



それでも、ゴロゴロは改善しなかったので



気になったベアリングも取り替えた

P1170789.jpg

こいつは全くスルスル回っていたけど
鉄粉の付着が一番多かったから、もしかして鉄粉の原因はこいつ?



そして

P1170783.jpg


結局、←のベアリングと
ケース側の縦長ベアリングを取り替えなかったら、、、、




問題のリアタイヤを空転させると ”ゴロゴロ” は改善されてなかった、、、、



もしかして、本当の原因はコイツなのだろうか?

あとで取り替えたら答えが出るだろう。。。。。。
関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

2014.11.04
Tue
20:43

こてつぱん  

No title

専用工具×2でも完全修復しないのか・・
ここまでやって完治しないのはストレスがたまりそうです。
困ったちゃんですね!^^;

2014/11/04 (Tue) 20:43 | EDIT | REPLY |   
2014.11.04
Tue
21:45

むらさん  

Re: こてつぱんさん

> 専用工具×2でも完全修復しないのか・・
> ここまでやって完治しないのはストレスがたまりそうです。
> 困ったちゃんですね!^^;


とりあえず、今日

自分が納得いくまでバラして、全ての可動部位にグリスアップして


もう一度、組み直しましたけど


まだ、ゴロゴロ言うてはります(笑)

2014/11/04 (Tue) 21:45 | REPLY |   

Leave a comment