3/3_マジェスティ125_ガス欠症状






3/3_マジェスティ125_ガス欠症状継続中


GWの休みすべてをコマジェに注ぎ中♪



20160503_2.jpg


本当なら角島ではじけてたのになぁ、、、、









実はあたし、電気のことは全く分けのわからない子ちゃん♪



なんべん教えてもらってもラッパーにしか見えないオームの法則(笑)


DSCN3674.jpg

チェケラッチョ!!  (_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん








オッサンになってから中学生達に混じって電気工事士(2種)の免許を取りに行ったけど
合格点にかすりもせずに落っこちた人です♪




①電装___載せ換えたエンジンのジェネレーター

②電装___プラグ&プラグコード

③電装___CDI

④電装___レギュレーター


DSCN36251.jpg


なんじゃかんじゃ言っても2000年式だから楽勝で16年選手なのね♪




電気工事業を営んでいた義父に
テスターの使い方を教えてもらって電装系のチェックに入ります

嫁さんの家系は皆さん電柱を立てれる電気工事士の一種をお持ちのご家族♪



DSCN3671.jpg



テレレッテレ―!!!

doraemon.jpg




テスター登場♪


DSCN3665.jpg













アイドリング状態で
載せ換えたエンジンのジェネレーター(発電機)が発電している電圧


DSCN3673.jpg


13.6V以上あれば正常値とのこと



レギュレーターに行っている配線の電圧


DSCN3667.jpg


3相3パターン全部これくらい

ジェネレーターが発電しているのはアイドリング状態で25V前後~30V前後


13.6V以上あれば正常値とのことなので
発電量も途中の配線も問題無しと判断










次に、
エンジン側のジェネレーター(発電機)から送られてくる電気を整流するレギュレーター

上のカプラーをレギュレーターに差し込んで電圧を測定すると

DSCN3668.jpg


んおっ? 1V少々しかないぞ?


3相3パターン全部これくらい









でも、出力は12Vそこそこあるから
バイク屋に電話で聞いたら、出力で12Vほど出てるなら何も問題ないらしい

DSCN3669.jpg

ちなみに、自分が頼りにしているバイク屋で
「何かあったら頼りになる度」 たぶん、岡山でトップクラスの店です
2年通ってようやく名前を覚えてもらいました(笑)





バッテリーの方も12V少々あるから充電も問題なし


DSCN3670.jpg





引っかかるのは、レギュレーターの熱さと電圧の低さ


DSCN3668.jpg

3相3パターン全部これくらい




レギュレーターがつながった状態でジェネレーター側を測ってみると


レギュレーターからの電圧に近い状態と


DSCN3666.jpg


めっちゃ落ちるときがあることが判明

DSCN3677.jpg


そして、接続しているカプラーをつなげるとアイドリングが落ちて
抜くと上がる


レギュレーターが抵抗になってるってこと_?





この時に、ジェネレーターだけの電圧を測ると何も問題なく25V少々出ている




近所を走ってみると1~2キロでガス欠の症状が出てエンジンストール







やっぱりすぐにはかからなくて、1分前後おくとエンジンがかかるけど
数10mでエンジンが止まるの繰り返し

ちゃんとセルは回る、ウィンカーもライトも電装系は全部正常




でも、現象は変わらず変化なし







プラグチェック


DSCN3679.jpg

かぶり気味ってことは、燃調が濃いぃか
混合気は入ってるけど着火してないってことか、、、、、、




メインジェットは120番
スロージェットはこれの30番

P1160205.jpg

メインが120のまま
スローをノーマルの55番に付け替えてもガス欠症状は発生



2014年7月に、☆←

前のエンジンで
メイン120
スロー30
のジェットセットでしまなみ~さざなみ海道を走ってきてるけど
今みたいにエンジンが止まることはなかった


ってことは、ガソリンは供給されている
キャブのセッティングも濃い薄いはあるだろうけど
エンジンが止まるのは点火不良ってことになる





ちなみに

DSCN3634.jpg

上のジェットがノーマルのスローね♪












さぁ、振り出しに戻ったけど

この日でGWが終わったので、エンジン載せ換えの経緯から
じっくりと要約をまとめてみることにしたら
あることに気付きました





気になるのは、このジェネレーターのカバーを外した時にあった


黒コゲのホコリみたいなやつ


DSCN3629.jpg


中にある発電コイルの状態を目視で確認するためには
 「ローラープーラー逆ネジ27mm」 ってのが必要



それがあれば、
前のエンジンは捨てずに置いてあるからジェネレーターの移植ができる





さー、まだ終わりません


ってか、まだ治りません



長いですね~♪

t_yodogawa.jpg


それでは、一旦


サヨナラ♪




サヨナラ♪






サヨナラ♪














関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

2016.05.18
Wed
21:44

こてつぱん  

No title

テスターを使った切り分け・・
お疲れ様でした。

国産でも27㎜のネジを使っているんですね。
(KAWASAKI W1も13㎜を使っていました)
イロイロあるんだな~!!

2016/05/18 (Wed) 21:44 | EDIT | REPLY |   
2016.05.18
Wed
22:36

むらさん  

Re: こてつぱんさん

> テスターを使った切り分け・・
> お疲れ様でした。
>
> 国産でも27㎜のネジを使っているんですね。
> (KAWASAKI W1も13㎜を使っていました)
> イロイロあるんだな~!!



本当ならバイク屋に取りに来てもらって修理に出すのが普通なんでしょうけど

まだ高校生や大学の頃みたいに自分でやろうとしてしまいます

ベアリングプーラーに、今回のロータープーラー

なんか、引っこ抜く系の特殊工具が増えました(笑)

2016/05/18 (Wed) 22:36 | REPLY |   

Leave a comment