fc2ブログ

九州ツーリング_宮崎

 

皆と別れて、我々4台で宮崎を経由して鹿児島へ向かいます



IMG_1510[1]



最年長が御歳80の現役ライダーさん

63

57

そして、自分50が一番若輩者で



これからの自分にとって手本になる方々と一緒に九州を旅します




御歳80

5年前に亡くなった自分の父親と同じ年生まれ











宮崎編




IMG_0527.jpg




チキン南蛮_おぐら本店






まずは乾杯




IMG_1490[1]





IMG_1492[1]




何故だか一人だけトンカツ


IMG_1493[1]

「わしゃ鳥が食えんのじゃ」 (_≧Д≦)ノ彡☆







IMG_0529.jpg







どなたも、こういう店にはなびかないのね (笑)




IMG_0526.jpg






九州を旅して思ったのが、九州って美人が多い



”ワレドクシンナリ♪”









一度は宿へ戻ったものの





今宵の宿はビジネスホテル




IMG_1487[1]



何故にマクラが2つ (_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん



BMWのパニアケースって、こうやって切り離して持ち運びができるので


めさめさ便利



IMG_1488[1]






一番若手は一人で街に繰り出します



IMG_0530.jpg







ここは宮崎一番街!






IMG_1495[1]










結局




IMG_0531.jpg





餃子とビール_これで1000円だったかな




IMG_1500[1]




この餃子が何気に美味かったので



IMG_1501[1]




もうワンセット



IMG_1502[1]











宮崎ナイト_終わり (T▽T)ノ_彡☆









お姉ちゃんと触れ合うことなく








宮崎の夜は、これにて終了








たぶん、諭吉先生が二人か三人ほど財布から出て行きませんでした













朝ごはんを頂いたら




IMG_1503[1]





平和台公園だったかな




IMG_1504[1]




こんな塔があるとこ



IMG_1505[1]






からの、自衛隊_航空基地



IMG_1512[1]




ゼロ戦_零式艦上戦闘機五二型が展示されています



IMG_1513[1]



IMG_1516[1]





特攻隊_カミカゼアタックの若者たちの遺書を読んだら涙が止まらない




IMG_1515[1]







ゼロ戦のエンジン



IMG_1517[1]



自分のベンベと同じ空冷OHV









さぁ、鹿児島へ向かいましょう










関連記事
スポンサーサイト



Comment 4

2018.11.08
Thu
08:18

こてつぱん  

零戦を初めて見たとき機体が小さい事に驚いた。
あれで3000kmの航続距離があるのは凄い‼️
防弾機能もない零戦は悲しいね…
華奢な機体がけなげです。
特攻は悲しい…
彼らの遺書は達筆でなお泣ける。

2018/11/08 (Thu) 08:18 | EDIT | REPLY |   
2018.11.08
Thu
18:25

ゆー  

楽しんでますね☆

いい天気だし羨ましい!

宮崎の「おぐら」といえばもう一つチェーン店があるんですが
我が家こちらしか行ったことないんですよね。
ここのタルタルに衝撃を受けてしまいました。
なので次宮崎に行ってもこっちに行くと思う。

宮崎、鹿児島いいですよね~(*^^*)

2018/11/08 (Thu) 18:25 | REPLY |   
2018.11.08
Thu
22:00

祝 十郎  

Re: ゆーさん

> いい天気だし羨ましい!
>
> 宮崎の「おぐら」といえばもう一つチェーン店があるんですが
> 我が家こちらしか行ったことないんですよね。
> ここのタルタルに衝撃を受けてしまいました。
> なので次宮崎に行ってもこっちに行くと思う。
>
> 宮崎、鹿児島いいですよね~(*^^*)



都合7日ほどの間、雨に当たったのは3時間ほどだけ


ほんと天気に恵まれた九州ツーリングでした


ベンベが来たら九州行けましたね(笑)

2018/11/08 (Thu) 22:00 | REPLY |   
2018.11.08
Thu
22:33

祝 十郎  

Re: こてつぱん さん

> 零戦を初めて見たとき機体が小さい事に驚いた。
> あれで3000kmの航続距離があるのは凄い‼️
> 防弾機能もない零戦は悲しいね…
> 華奢な機体がけなげです。
> 特攻は悲しい…
> 彼らの遺書は達筆でなお泣ける。


日本史の歴史として勉強しましたけど

生は違いましたね



団体のガイドさんが遺書を読み上げていたのを


聞いていたら途中で聞けなくなりました



2018/11/08 (Thu) 22:33 | REPLY |   

Leave a comment